和泉塾 中小企業診断士2次試験 マンガde講座 中小企業診断士 通信講座

80分を最大限活用する高速技法ラーニング

2次試験は、本試験会場だと難しく感じます。また、1次試験合格者が増加傾向にあることから、今後はさらなる難易度上昇が予想されます。一方で、多くの受験生にとって表面的な受験テクニックでは、もはや総合Bが限界になるのではないかと認識しております。

 

初めて見る事例問題は、全容を理解する間もなく80分が経ってしまうため、考えがまとまらない状態に陥りがちです。考えがまとまらないから聞かれたことに答えられない、考えがまとまらないからコピペや一般論を書いてしまう、考えがまとまらないから与件の根拠の選択ミスをしてしまうなどマイナスのループを生み、A判定を遠ざけてしまいます。と考えた時、受験生には難しくなっている2次試験と戦うための武器が必要になります。

 

本講座では「2次試験の考え方」「情報整理」「骨子作り」「答案作成」全ての工程において、独自メソッドがあり、基本形をマスターすることで「考えがまとまらない状態」の回避を可能とするものです。軸を持つことこそが、最大の武器になります。

2次試験で初見問題を克服して合格するために、診断士の思考パターンや、3D思考とロジカルの能力を擬似的に身につけることが出来れば、オペレーションを高速化することが可能になり、本番対応力の向上につながっていくと考えます。

2022年度版独学コース 

スピードギア・プラクティス

本講座で「2次試験の考え方=BMMブースト」「情報整理=フローメソッド」「骨子=CAF」「答案作成=ABC展開」を学ぶことができれば、軸が生まれるため思考もオペレーションも高速化します。この高速技法こそ「スピードギア」であり、技法を練習するから「プラクティス」になります。

 

診断士試験でありながら、診断士になっても使えるメソッドを身につけ、次回の2次試験に合格して頂きます。本コースは添削がないものの、添削がなくても合格できるだけのテーブルを皆さんに提供いたします。

和泉塾で学ぶはじめの一歩

【マインドセット編】

なぜあなたの答案はBCDになってしまうのか。それはAの基準がわからないためです。ではなぜAの基準がわからないのか。それは2次試験の前提条件について、考えたことがないためです。まずは上流工程からアップデートして、不合格思考をリセットして頂きます。

 

 2次試験の前提条件と考え方

【BMMブースト編】

中小企業診断士を育成する試験である以上、答案には診断士に近い考え方が反映されていなければなりません。また、このBMMを学ぶことで骨子におけるロジック展開が可能になり、最適解から大きく脱線することがなくなっていきます。

マインドセット編

1ー1、取り組みの姿勢 10:29

1ー2、勉強のあり方 4:53

1ー3、診断士とは何か 8:30

1ー4、失敗のメカニズム 4:26

1ー5、高速技法 6:26

BMMブースト編

2ー1、2次試験とは何か 3:00

2ー2、社長とは何者か 5:30

2ー3、経営戦略の意味 7:32

2ー4、層の概念 8:24

2ー5、BMMブースト 14:24

2ー6、BMMの訓練方法 9:25

情報整理のメソッド
【フローメソッド編】
80分しかない中、事例問題の情報整理を行うためには、限りなく事例企業の全容を掴む必要があります。SWOTを行うとアウトラインを見るだけで80分が終わってしまいますが、本講座のフローを学ぶことで情報整理の質とスピードが確実に変化するようになります。

 

ただ、SWOTに慣れている方がフローを理解して慣れるまでには段階を踏む必要がありますので、「基本フロー」「事例別フロー」「設問フロー」の順番で学習を進めるのが合理的です。

 

本講座のフローに脳が慣れた時、フローは2次試験だけでなく、ビジネスでも使えることに気づき、学びが楽しくなっていくはずです。

基本フローの作り方

3ー1、情報整理の目的 9:23

3ー2、フローメソッドの概要 6:48

3ー3、強みの定義 3:49

3ー4、BMの意味 5:04

3ー5、青チェック 8:10

3ー6、フロー2の概要 7:28

3ー7、フロー2の詳細 6:31

3ー8、変化のチェック 8:19

3ー9、フロー3の解説 6:09

3ー10  考える順番 6:41

3ー11 フロー図の解説 9:13

3ー12 与件の赤チェック 13:03

3ー13 与件の青チェック 6:11

3ー14 P R3事例1 12:43

3ー15 P R3事例2 13:02

3ー16 P R3事例3 20:09

3ー17 P R3事例4 10:14(2021/12/31現在)

注)P=プラクティス(練習)

事例別フロー編

3ー18 事例別フロー前のおさらい 5:55

3ー19 事例別フローの意義 7:00(2022/01/01現在)

3ー20 事例別フロー1の解説 11:03

3ー21 事例別フロー2の解説 7:48

3ー22 事例別フロー3の解説 6:07

3ー23 事例別フロー4の解説 2:57

3ー24 R3-1事例別フロー 9:12

3ー25 R3-2事例別フロー 7:01

3ー26 R3-3事例別フロー 8:51

3ー27 R3-4事例別フロー 5:31(2022/01/13現在)

設問フローの考え方

以下は予定になります。追加後にナンバリングの修正と時間数の追記を行います。

3ー13、基本ルール

3ー14、鉄則ルール

事例別の黄金律(前提条件)

3ー15、事例1の黄金律

3ー16、事例2の黄金律

3ー17、事例3の黄金律

3ー18、SWOT系設問のコツ

3ー19、訓練方法

※フローメソッド編は2022年1月末までにお届けします。

骨子作りにおける思考の収束

【CAFインスペクション編】

皆さんの多くは、設問を解く時、知らず知らずのうちに「ブレスト技法」を教わってきました。しかし、これは中小企業診断士を育成して選抜する試験です。その状態では合格が厳しいと思ってください。

 

受験テクニックではもう、令和3年のような難易度が上がった事例問題を突破するのは難しくなっていると捉えます。

 

だとすれば、皆さんは受験テクニックではなく「収束の技法」を学ぶべきです。これによりブレスト連鎖を限りなく制御して、限りなく最適解へ着地できるよう自分自身を調整した方が合格への近道であると考えます。

 

80分は短く、やれることは限られますが、CAFインスペクション編で最適解を導く思考回路のパターンを学び、訓練することで本試験でも実力を発揮できるようになって下さい。

CAFの概念

4ー1、収束の重要性

4ー2、バイアス派生のブレスト連鎖

4ー3、人間の思考パターンを知る

4ー4、CAFゼロのオペレーション

4ー5、CAF1のオペレーション

4ー6、CAF2のオペレーション

4ー7、CAF3のオペレーション

インスペクション

4ー8、インスペクション

4ー9、BMMブースト

4ー10、訓練方法

CAFインスペクション編は2022年2月末までにお届けします。

答案作成のメソッド

【ABC展開編】

2次試験は、診断士を養成するカリキュラムそのものです。

 

であるならば、合格後に書く経営診断報告書でも通用する答案文章を学んだ方が、2次試験の答案文章の質も高めることができます。

 

同時にABC展開は、下書きを作ってから答案を書くため、答案を書くスピードも早くなり80分の有効活用につながるものです。

ABC展開編

5ー1、文章の大原則

5ー2、文章構造パターン1

5ー3、文章構造パターン2

5ー4、文章構造パターン3

5ー5、文章構造パターン4

5ー6、文章のECRS

5ー7、訓練方法

ABC展開編は、2022年3月末までにお届けします。

事例3が苦手なあなたへ

【禁断のC社SP編】

事例3は、ずっと構造が変わっていません。ルールも同じです。あるいは、基本の応用で作られています。

 

特に製造現場のことは、苦手意識を持つ人が多いと思いますが、製造現場のことは、3つの順番で考え整理することができます。

 

製造現場の3原則を学ぶことで、C社の苦手意識を消して頂きます。

禁断のC社SP編

6ー1、マインドセット

6ー2、生産現場の3原則①

6ー3、生産現場の3原則②

6ー4、生産現場の3原則③

6ー5、見込生産

6ー6、受注生産

6ー7、訓練方法

禁断のC社SP編は、2022年4月末までにお届けします。

全手順を映像でお見せするので、ここで匙加減を学んで下さい。

【答え合わせ編】

皆さんがここまでの内容を学んだあとは、各自でR3シリーズで答案を作ってみて下さい。ここからは和泉先生が実際に、情報整理、骨子を作るところ、答案を書き切るまで全て動画でお見せします。

 

実際に和泉先生が展開するプロセスや、アウトプットしたものについて、皆さんの認識との差異を確かめ、軌道修正をして行って下さい。

大前提として、普通の人が2次試験の初見問題を80分で解いて合格するのは難易度が高いチャレンジです。どれだけメソッドを提供したとしても、習得するしないは個人の努力になります。必要な技術は全てお伝えしましたので、そこから這い上がって合格を掴めるかどうか、あとはあなた次第です。

答え合わせ編

R3事例1

R3事例2

R3事例3

※フロー、骨子、答案作成まで

(回数は未定)

答え合わせ編は、2022年5月くらいから8月末までにわたってお届けします。

塾長より

1次合格者が増えるほど2次試験の難易度は高くなります。令和3年の本試験問題を見る限り、もはや2次試験を紙の世界と捉える受験テクニックでは、合格が厳しくなるものと考えます。本講座のメソッドは診断士になっても使えるものですので、スピードギアプラクティスを通じて確かな実力を身につけて合格して下さい。

なお、動画は1コマ10分を目標で作るつもりです。本試験を想定して実践向けに「確実に押さえるべきこと」を意識して作ります。今回の予定表以外にも、気づいたことがあれば動画講義は追加するつもりでいます。

いずれにしても、和泉塾は予備校にはない2次試験の解法設計をしていること、予備校で失敗する時間と費用のコストを考えると、格安であると思います。ましてや養成課程にかかる費用に比べたら破格の価格です。本格的に診断士の思考を学び、初見問題に突破できる実力を身につけ、次の2次試験で合格を勝ち取って下さい。

 

価格

  • 税込価格128000円(2022/01/14から01/16限定で25%オフキャンペーン中です)
  • 現在申し込みはメルマガ経由のみとなっております。

       申込

現在はメルマガ経由のみの申込になっております。注意事項をご確認の上でお申し込み下さい。決済は、クレジットカード、銀行振込からお選び頂けます。

 受講にはGmailが必須

本講座のコンテンツは、セキュリティと利便性の観点からグーグルドライブ(商用利用化のもの)を使用しております。マルチデバイスで利用可能です。

     講義動画

講義動画は、俯瞰撮影メインですので和泉先生の顔はほぼ出てきません。1コマをできる限り短くしているため、隙間時間で計画的に学習を進めて頂けます。

  プラクティス

本コースには添削がありません。また、見てわかるだけでは実力が身につきません。できるようになるための努力は個人に依存しますのでご了承下さい。


                         ※受講生でない方の登録は固くお断りしております。

TOPへ